山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県内で20代2人の感染確認 岡山市の女性と広島県在住者

新型コロナウイルスの感染確認について説明した岡山市の会見
新型コロナウイルスの感染確認について説明した岡山市の会見
 岡山県と岡山市は17日、新たに2人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。同市の20代女性アルバイトと20代の広島県在住者。いずれも軽症という。岡山県内での感染判明は再陽性を除いて33人となった。

 岡山市によると、同市の女性は8日に発熱や味覚・嗅覚障害があり、市内の診療所を受診。症状が続いたため16日にPCR検査を行い、陽性となった。市は市中感染の可能性があるとしている。市内での感染判明は4日連続となった。

 岡山県が発表した広島県在住者は、12日に発熱や味覚・嗅覚障害を発症し、岡山県内の医療機関を受診して16日に検査で陽性を確認した。14日に感染が分かった福山市の居酒屋店員とともに、同市で10日夜に開かれたバーの音楽イベントに参加しており、県はイベントで感染したとみている。広島県内の医療機関に入院する予定。性別と詳細な居住地は本人の意向で非公表とした。

 岡山市はまた、15日に感染が判明した2人に関し、80代女性については濃厚接触者とされた同居の娘ら4人は全員陰性で、20代男性会社員は調査の結果、濃厚接触者はいなかったとした。

【新型コロナウイルス 岡山のニュースまとめ】

(2020年07月17日 19時10分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ