山陽新聞デジタル|さんデジ

ファジアーノ、練習見学を再開 4カ月半ぶり、ファンら楽しむ

サポーターが見守る中、練習に臨むファジアーノ岡山の選手ら=政田サッカー場
サポーターが見守る中、練習に臨むファジアーノ岡山の選手ら=政田サッカー場
 サッカーJ2ファジアーノ岡山は16日、新型コロナウイルスの影響で2月下旬から中止していた練習見学を再開した。4カ月半ぶりに練習拠点の政田サッカー場(岡山市)を訪れたサポーターらは選手たちの動きを間近で確認したり、写真に収めたりと久々の“触れ合い”を楽しんだ。

 来場者は事前に申し込んだ30人限定。マスクを着用し、検温と消毒を済ませた後、ピッチ脇からネット越しに練習に見入った。10年以上応援しているという岡山市の会社員男性(60)は「控え選手らはここでしか会えない。目の前で見られてうれしい」と喜んだ。

 チームは15日にアウェーで愛媛に勝利したばかり。19日には中3日で長崎とのホーム戦を控えており、MF上田は「こんな状況でも見に来てもらえるのは幸せなこと。質の高いトレーニングをして、サポーターに勝利を届けたい」と話した。

 握手やサインといったファンサービスは中止のままで直接交流はできないが、練習開始前に有馬監督がネット際に駆け寄り、ファン一人一人に「ご無沙汰してます」「ありがとうございます」などと感謝を伝えていた。

 今後も週に1回程度、人数制限し練習を公開する予定。

(2020年07月16日 20時50分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ