山陽新聞デジタル|さんデジ

広島、福山市で新たに10人感染 広島県内は192人に

広島市役所(左)と福山市役所
広島市役所(左)と福山市役所
 広島、福山市は15日、計10人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。広島県内の感染確認は192人(再陽性を除く)となった。

 福山市は4人で、1人は市内の30代女性。3人は14日に感染が判明した男性の濃厚接触者。今月上旬、行動をともにしていた。

 また、市はこの男性が同市南町の居酒屋「串や」の店員であることも発表。11日夜に勤務し、10日深夜には同市伏見町のバー「The ROSE」であった約30人規模のDJイベントに参加していた。市は接触の可能性のある人の相談(084―928―1350)を呼び掛けている。

 広島市は6人。4人は同じ職場の会社員で、7日に一緒に市内のカラオケ店を利用していた。このうち20代社員が8日から咳などが出て、14日にPCR検査で陽性と分かり、同僚3人も抗原検査で感染が確認された。

 残る2人のうち30代男性は、市内の医療機関で今月上旬まで実習していた海外の医師の接触者。帰国後に感染が分かった医師からの連絡を受け、14日の検査で陽性となった。もう1人は年代、性別、職業を非公表。

【新型コロナウイルス エリアの最新ニュースまとめ】

(2020年07月15日 21時24分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ