山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ 岡山市30代男性感染 14日判明女性の夫 県内29人目

新型コロナウイルス感染症患者が発生したことを報告した岡山市の会見
新型コロナウイルス感染症患者が発生したことを報告した岡山市の会見
 岡山市は15日、市内の30代男性会社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。14日に感染が分かった30代女性会社員の同居の夫で、軽症という。岡山県内での感染判明は再陽性を除いて29人目、市内では20人目となった。

 市によると、男性は妻の発症後、せきや味覚・嗅覚障害が出たため、14日に市内の病院を受診。PCR検査で陽性と判定された。現在は市内の病院に入院している。

 男性はサービス業で、勤務の間はマスクをしていたという。11日以降は出勤しておらず、市は濃厚接触者はいないとしている。

 妻の女性会社員については、夫以外に、同僚や友人計7人が濃厚接触者とされており、検査している。現時点で7人に症状はないという。

(2020年07月15日 22時09分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ