山陽新聞デジタル|さんデジ

福山市 警戒レベル4初発令 161世帯352人に避難指示

福山市役所
福山市役所
 福山市は14日、前日から続く大雨で同市北西部の新市町新市付近を南北に流れる神谷川(広島県管理)の左岸堤防の一部が崩れ始めているとして、付近の161世帯352人に午前9時20分、警戒レベル4の「避難指示」を発令した。2018年の西日本豪雨災害を教訓に国が大雨・洪水警戒レベルの5段階区分を導入して以来、福山市のレベル4発令は初。

 市は災害が発生する恐れが極めて高いとして、発令と同時に近くの「しんいち市民交流センター」を避難場所として開放。消防団、警察、市職員らが住宅を回り早期避難を呼び掛けた。県も大型土のうを積み応急対応した。

 広島地方気象台は13日午後6時40分ごろから14日午後にかけて、同市に大雨警報を発令。市によると、雨が上がるにつれ川の水位は下がり、浸水被害はなかった。

(2020年07月14日 20時24分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ