山陽新聞デジタル|さんデジ

「高畑勲展」見に来てね 三幸工務店が岡山の園児に招待券

園児代表に「高畑勲展」の招待券を手渡す村社さん(右)
園児代表に「高畑勲展」の招待券を手渡す村社さん(右)
 岡山県立美術館(岡山市北区天神町)で特別展「高畑勲展 日本のアニメーションに遺(のこ)したもの」(山陽新聞社など主催)が8月1日に開幕するのを前に、同展を特別協賛する三幸工務店(同津高)は14日、招待券を第二さくら保育園(同富原)の園児に贈った。

 同社社員の村社(むらこそ)茜さんが園を訪れ、招待券115枚を代表の女子園児(6)に手渡した。村社さんは「すてきな映画をたくさん作った高畑さんの世界を楽しんで」と話し、柑菜ちゃんは「お父さん、お母さんと一緒に行きたい」と喜んだ。

 同社の地域貢献活動の一環で、招待券は同園をはじめ市内12の幼稚園、保育園、小学校、児童養護施設に計約1800枚を贈る。

 同展は岡山市出身のアニメーション映画監督高畑勲さん(1935~2018年)の初の回顧展。原画や制作ノートなど膨大な資料から足跡をたどる。会期は前期(9月8日まで)と後期(同21~27日)に分け、会期中無休。新型コロナウイルス感染予防のため、入場には事前予約が必要。

(2020年07月14日 21時53分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ