山陽新聞デジタル|さんデジ

バド複、男子は池田・青江組V(水島工) 岡山県高校総体代替大会

男子ダブルスを制した青江優志(左)と池田亘輝=ジップアリーナ岡山
男子ダブルスを制した青江優志(左)と池田亘輝=ジップアリーナ岡山
 岡山県高校総体の代替大会は12日、岡山市のジップアリーナ岡山でバドミントン最終日が行われ、ダブルスの男子は池田亘輝・青江優志(水島工)、女子は中原鈴・吉川天乃(倉敷中央)が優勝した。青江と中原はともに5日に決勝が行われたシングルスとの2冠を達成した。

 【男子】個人 ダブルス (1)池田亘輝・青江優志(水島工)(2)藤原・石井(同)(3)立野・西川(同)

 【女子】個人 ダブルス (1)中原鈴・吉川天乃(倉敷中央)(2)長谷川・山川(同)(3)江見・上中(同)

(2020年07月13日 21時30分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ