山陽新聞デジタル|さんデジ

熊本派遣の高松市保健師が感染 豪雨対応、30代男性

香川県庁
香川県庁
 熊本県は13日、豪雨対応の応援で派遣されていた高松市の30代男性保健師が同市に戻った後、新型コロナウイルスの検査を受けた結果、感染が判明したと発表した。

 県によると、高松市職員の保健師は香川県を通じて派遣。8日に熊本県内に入り、人吉市内の中学校や多良木町の高校の旧校舎で、避難者の健康確認などを担当。保健師が活動した避難所は消毒を行った。

 保健師は12日に戻り、新型コロナの検査を受け、感染が分かった。保健師は活動中マスクを着用しており、熊本県は「避難者に感染した可能性は低い」としている。

【新型コロナウイルス エリアの最新ニュースまとめ】

(2020年07月13日 20時56分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ