山陽新聞デジタル|さんデジ

誕生したコウノトリ2羽に足輪 来月中旬にも巣立ち、栃木・小山

 コウノトリのひなに、個体識別用の足輪を取り付ける関係者=12日、栃木県小山市(小山市提供)
 コウノトリのひなに、個体識別用の足輪を取り付ける関係者=12日、栃木県小山市(小山市提供)
 栃木県小山市などは12日、市内の渡良瀬遊水地で5月末ごろに誕生した、国の天然記念物コウノトリのひな2羽に足輪を取り付けた。個体を識別し、今後各地に飛来していった場合に、行動を記録していくのが目的。2羽は順調に育てば、8月中旬までにも巣立つ。

 足輪の取り付けは、専門家のいる兵庫県立コウノトリの郷公園に依頼。船越稔主任飼育員らが、高さ約12・5mの「人工巣塔」からひなをすくい上げ、性別を調べるために血液と羽毛も採取した。ひなの体重は4千グラムと4500グラムだった。

 船越さんは、「関東初の野外繁殖で生まれたコウノトリがどんな生活をするのか楽しみだ」と話した。

(2020年07月12日 16時31分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ