山陽新聞デジタル|さんデジ

ベンチャー、在宅推進で手当変化 休憩時の菓子代支給も

 在宅勤務でベンチャー企業が導入した手当
 在宅勤務でベンチャー企業が導入した手当
 新型コロナウイルスの感染防止のために在宅勤務を推進するベンチャー企業の間で、出社を前提とした手当を見直す動きが広がっている。交通費の支給をやめる代わりに、自宅で仕事をする際に必要な備品代や光熱費を補助。休憩の時に食べる「お菓子代」を出すなどユニークな制度を取り入れた企業もある。

 駐車場予約アプリを運営するアキッパ(大阪市)は机や椅子などの備品を購入する際、最大1万円を補助する制度を始めた。電車で移動する時の感染リスクを避けるためのマイカー通勤を認め、駐車場代やガソリン代も出している。

(2020年07月11日 17時11分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ