山陽新聞デジタル|さんデジ

ファジアーノ、今季初の黒星 ホームで北九州に0―2

後半、タックルを受け、倒れるファジアーノ岡山の斉藤和樹(中央右)=シティライトスタジアム
後半、タックルを受け、倒れるファジアーノ岡山の斉藤和樹(中央右)=シティライトスタジアム
 明治安田J2第4節第1日(10日・シティライトスタジアム=1試合)5位ファジアーノ岡山はホームで15位北九州に0―2で敗れ、今季初黒星。勝ち点5(1勝2分け1敗)のままで暫定7位に後退した。

 J3から復帰した北九州は2連勝で勝ち点6に伸ばした。試合は2月の開幕戦以来、観客を入れて行われた。ファジアーノは次節の15日、アウェーで愛媛と対戦する。

北九州2-0岡山
前半0-0
後半2-0

北九州 2勝2敗(6)
岡山 1勝2分け1敗(5)

 【評】ファジアーノ岡山は、鋭い出足の北九州に完敗した。ボールを奪えず、ずるずるとラインを下げると、0―0の後半16分に相手シュートのこぼれ球への反応が遅れ、先制点を許し、2分後にも失点。イ・ヨンジェにロングボールを集め、清水、上門らが惜しいミドルシュートを放つ場面はあったものの、攻撃のつながりを欠いた。

 北九州はサイドを起点に連動した攻めを見せ、運動量も最後まで落ちなかった。

(2020年07月10日 22時49分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ