山陽新聞デジタル|さんデジ

新庄に宿泊施設オープン 村内企業が改修、農業体験も提供

「みずもり」のオープンを祝いテープカットする関係者
「みずもり」のオープンを祝いテープカットする関係者
新庄に宿泊施設オープン 村内企業が改修、農業体験も提供
 農産物の生産・販売やイベント企画を手掛ける新庄村の株式会社「Fullback(フルバック)」が、村の遊休施設を改修し、宿泊やシェアオフィスに使える施設「みずもり」をオープンした。

 村北部の県道北房川上線沿いにあり、鉄骨2階延べ470平方メートル。客室が6部屋あり、夕食には村産の旬の野菜や山菜、川魚の料理を提供する。希望すれば、農業体験や森林散策ができるプログラムを組むことができる。同社が肥料と農薬を使わずに栽培した農産物やその加工品の販売もしている。

 シェアオフィスとして、無線LAN「WiーFi(ワイファイ)」が使える大広間といろりのある和室を有料で貸し出す。

 宿泊施設「山の駅あじわいの宿新庄」や農業団体の研修所として2017年まで使われていた築約45年の建物を改修した。

 工事は昨年6月に着工。湿気で劣化していた内壁や床の張り替えなどをした。事業費約1100万円。空き家活用などへの県や村の補助金を活用した。

 オープニング式典が3日行われ、関係者がテープカットをし施設を見学。管理人の坂本浩士さん(29)は「旭川の源流が流れ、自然豊かな村の魅力を発信する拠点にしていきたい」と話した。

 宿泊料金は素泊まりで1万1500円から。問い合わせは同社(0867ー56ー2078)。

(2020年07月11日 15時36分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ