山陽新聞デジタル|さんデジ

陸自オスプレイ木更津に1機到着 暫定配備、「5年以内を目標」

 陸上自衛隊木更津駐屯地に到着した輸送機オスプレイ=10日午後4時7分、千葉県木更津市
 陸上自衛隊木更津駐屯地に到着した輸送機オスプレイ=10日午後4時7分、千葉県木更津市
 陸上自衛隊が初めて導入する輸送機オスプレイ1機が10日、米軍岩国基地(山口県岩国市)から陸自木更津駐屯地(千葉県木更津市)に到着し、暫定配備された。防衛省は最終的に佐賀空港(佐賀市)への移駐を目指しており、木更津への配備は「5年以内を目標」としている。

 陸自のオスプレイは南西諸島の防衛強化を目的に17機導入され、陸自相浦駐屯地(長崎県佐世保市)を拠点とする離島防衛の専門部隊「水陸機動団」の搬送などを担う計画。そのため近接する佐賀空港に配備する方針だが、地元漁協との調整が難航しており、木更津駐屯地に暫定配備されることになった。

(2020年07月10日 17時38分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ