山陽新聞デジタル|さんデジ

アマビエあしらった畳縁、グッズ 高田織物 コロナ収束願い販売

アマビエをあしらった畳縁と関連グッズ
アマビエをあしらった畳縁と関連グッズ
 畳縁(たたみべり)製造の高田織物(倉敷市児島唐琴)は、新型コロナウイルス収束の願いを込めて、疫病封じの御利益があるとされる妖怪「アマビエ」をあしらった畳縁と、関連グッズを販売している。

 青が基調で、社員が考案した愛らしいアマビエの柄とともに、暮らしの平安を願った波模様「青海波(せいがいは)」などを表現した。畳縁は幅8センチのロール状で、10メートル(2750円)と1・5メートル(330円)を用意。ペンケース(880円)、小銭入れ2種類(550円、880円)のグッズもそろえる。

 本社併設の店舗「FLAT(フラット)」やインターネットショップなどで取り扱っている。同社は「畳縁は手芸用に人気で、外出自粛による『巣ごもり需要』に合わせて開発した。グッズも普段の生活で使ってほしい」としている。

 問い合わせはFLAT(086―477―6777)。

(2020年07月12日 19時02分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ