山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県が熊本に支援チーム派遣 ニーズ把握や避難所運営助言

伊原木知事(右)から激励を受ける支援チームの職員
伊原木知事(右)から激励を受ける支援チームの職員
 記録的な豪雨で被害を受けた熊本県の被災地を支援するため、岡山県は9日、熊本県山江村に支援チームを派遣した。被災自治体ごとにパートナーの自治体を割り振ってサポートする国や全国知事会などの「対口支援」方式に基づく対応で、ニーズ把握や避難所運営の助言などに当たる。

 派遣されるのは、2018年7月の西日本豪雨で災害対応を担当した危機管理課の職員ら3人。県は追加派遣を予定しており、先遣隊として避難所の運営や被災家屋の調査のために必要な人数を調べて県に報告するほか、罹災(りさい)証明書発行のノウハウなどを伝える。

 県庁で出発式があり、県東京事務所から直接向かう職員を除く2人を前に、伊原木隆太知事は「西日本豪雨では熊本県にも多大な支援をいただいた。しっかり現地の情報を伝えてほしい」と激励した。

 山田威夫危機管理課総括参事は「西日本豪雨の経験を生かし、的確に被災状況を把握したい」と話した。

 岡山県には8日に国から派遣要請があった。山江村では住宅の浸水被害や一部地域で断水などの被害が出ている。

(2020年07月09日 12時11分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ