山陽新聞デジタル|さんデジ

笠岡・大島の傘踊り中止 8月に予定、コロナ感染防止で

大島の傘踊り
大島の傘踊り
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、8月14日に笠岡市立大島中(同市大島中)で行われる予定だった「大島の傘踊り」(県重要無形民俗文化財)は中止される。地元の保存会が決めた。

 傘踊りは1686年、地元の領主細川通董(みちただ)の百回忌法要で雨が降り、刀の代わりに傘を使って供養踊りを奉納したのが始まりとされている。

(2020年07月08日 19時26分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ