山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山芸術文化賞グランプリ決まる 美術家の下道さんら2人1団体

下道基行さん
下道基行さん
学芸館高吹奏楽部
学芸館高吹奏楽部
 岡山県は7日、文化活動で優れた実績を収めたゆかりの個人・団体に贈る「岡山芸術文化賞」の受賞者を発表した。最高賞のグランプリは、美術分野で写真家のかじおかみほ(本名・梶岡美穂)さん(47)=京都市在住、真庭市出身=と美術家の下道基行さん(41)=香川県直島町在住、岡山市出身=の2人、洋楽分野で岡山市の学芸館高吹奏楽部が選ばれた。

 かじおかさんは昨年、フランスで1年間に出版された写真集の中で最も優れた作品に贈られる「ナダール賞」に日本人で初めて輝いた。下道さんは、昨年5~11月に開かれた「ベネチア・ビエンナーレ国際美術展」で日本代表作家の一人として日本館に出品。学芸館高吹奏楽部は昨年10月の全日本吹奏楽コンクールで3年連続金賞を受賞した。

 準グランプリは1団体5人、ジュニア奨励賞は7人、地域貢献賞は2団体。表彰式は13日にルネスホール(岡山市北区内山下)で開催する。

 岡山芸術文化賞は1999年に創設され、今年で21回目。今回は2019年度の実績を参考に選考した。

 他の受賞者・団体は次の通り。(敬称略)

 【準グランプリ】美術 衛藤仁胡(筑波大、岡山市出身)柴原茉央(滋賀大、赤磐市出身)中村智道(赤磐市)諸星美喜(倉敷市)▽文芸 村中李衣(本名・高橋久子、ノートルダム清心女子大教授)▽洋楽 城東高合唱部(岡山市)

 【ジュニア奨励賞】文芸 新井菜々実(操山高)▽美術 板崎陸人(明誠学院高)福田琴音(同)松石葉月(同)長畑杏奈(京都橘大、美作市出身)中村心(花園大、岡山市出身)▽総合 佐藤美咲(山陽高)

 【地域貢献賞】舞踊 吉備神楽社(浅口市)▽演劇 横仙歌舞伎保存会(岡山県奈義町)

(2020年07月07日 12時16分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ