山陽新聞デジタル|さんデジ

「72時間」迎えた被災地 熊本豪雨、行方不明者を重点捜索

 熊本県津奈木町の土砂崩れ現場で、見つかった車両を調べる警察官=7日午前8時55分
 熊本県津奈木町の土砂崩れ現場で、見つかった車両を調べる警察官=7日午前8時55分
 豪雨被害を受けた熊本県球磨村の住宅地=7日午前8時44分
 豪雨被害を受けた熊本県球磨村の住宅地=7日午前8時44分
 豪雨に見舞われた熊本県南部の被災地は7日、災害現場で生存率が下がる目安の一つとされる「発生後72時間」を迎えた。警察や消防、自衛隊は降り続く雨の中、行方不明者が出ている地域や、被害状況の把握が進んでいない地域を重点的に、二次災害を警戒しながら捜索を進めた。県は、新たに球磨村で1人の心肺停止を確認したと発表した。

 県南部が記録的大雨となり、気象庁が大雨特別警報を発表したのは4日未明。球磨川は1カ所で決壊、11カ所で氾濫し、各地で土砂崩れや浸水被害が発生した。この雨で県がこれまでに確認した死者は49人で、心肺停止は2人。行方不明者は11人。

(2020年07月07日 11時58分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ