山陽新聞デジタル|さんデジ

第2波ピークで434人感染 必要病床は250床、岡山県試算

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県は6日、新型コロナウイルス感染の第2波を見据えた国の新たな推計モデルに基づき、県内で流行ピーク時の感染者が434人に上り、中等症・重症患者を受け入れる病床がおおむね250床必要になるとの試算を公表した。これまで県内の感染者を最大1700人、必要病床を同300床と見込んでいたが、大幅に少なくなる。

 県感染症対策委員会で報告した。県の試算によると、1日の新規感染者は最大34人で、入院患者は同256人。入院患者のうち重症者は37人に及び、軽症者・無症状者向けの宿泊施設での療養は180人とする。

 県は試算を踏まえ、重症者向け40床程度、中等症者向け210床程度を確保し、うち70床をすぐ入院できる「即応病床」として提供できるよう態勢整備を進める。現状では220床を確保している。

 今回の試算は、厚生労働省が6月中旬に示した推計モデル「新たな流行シナリオ」を基にはじいた。中国での感染状況を基に国が3月に示した推計モデルによる従来の試算に対し、国内の症例データに地域社会の高齢化率や感染状況を加味するなど「より実態に即した推計に変更した」(県医療推進課)という。

(2020年07月06日 22時16分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ