山陽新聞デジタル|さんデジ

分科会、イベント制限の緩和了承 検査強化、データ共有へ

 新型コロナウイルス感染症対策分科会の初会合を終え、記者会見する西村経済再生相(左)と尾身茂会長=6日午後、東京都千代田区
 新型コロナウイルス感染症対策分科会の初会合を終え、記者会見する西村経済再生相(左)と尾身茂会長=6日午後、東京都千代田区
 政府は6日、新型コロナウイルス感染症対策分科会の初会合を開催した。西村康稔経済再生担当相は終了後に記者会見し、政府が新型コロナ対策として要請しているイベント参加人数の上限について、10日に1段階緩和する方針が「(分科会で)了解をいただいた」と述べた。検査態勢の強化や感染データを共有する仕組みの構築にも取り組むとした。

 コンサートやプロスポーツなどの屋内の催し物は、定員の50%の範囲内であれば10日から5千人までの入場を認める。事業者が感染防止策を徹底することなどが前提で、あらためて周知を徹底するために都道府県に近く通知を出す。

(2020年07月06日 19時45分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ