山陽新聞デジタル|さんデジ

倉敷観光もり立てにキャンペーン 買い物券配布とスタンプラリー

ちらしやパンフレットでキャンペーンをPRするビューロー職員
ちらしやパンフレットでキャンペーンをPRするビューロー職員
 新型コロナウイルスの影響で打撃を受けている倉敷市内の観光地をもり立てようと、倉敷観光コンベンションビューロー(倉敷市中央)が、2種類の夏のキャンペーンをスタートした。

 一つは「倉敷ちょっとお買い物券」。美観地区内のくらしき川舟流し(中学生以上500円、5歳~小学生250円)か、JR児島駅と新倉敷駅の観光案内所レンタサイクル(普通300円、電動500円)の利用者に、飲食店や土産物店、宿泊所など同ビューロー会員の95カ所で使える500円分のチケットを配る。

 配布は7月末までで、チケットは8月2日まで利用できる。

 もう一つは「夏のひんや~り 倉敷スイーツスタンプラリー」。市内の飲食店51店舗が参加し、各店や市内の観光案内所で冊子を配布する。それぞれの店で対象の冷たいスイーツを購入するとスタンプを押してもらえる。

 開催は8月末までで、3店以上のスタンプを集めると特産品が当たる抽選に応募できる。参加賞としてオリジナルのマスキングテープなどももらえる。

 同ビューローは「地元や近県の人が何度も来て楽しめるキャンペーンを考えた。観光地を巡ったり、冷たいものを食べたりして、コロナ禍の疲れを癒やしてもらえれば」と呼び掛けている。問い合わせは同ビューロー(086―421―0224)。

(2020年07月06日 19時19分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ