山陽新聞デジタル|さんデジ

西・東日本で激しい雨か 前線停滞、災害警戒を

 梅雨前線が西日本から東日本に停滞し、西日本と東日本は6日にかけて局地的に雷を伴う非常に激しい雨が降るとして、気象庁は5日、土砂災害や河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。

 特に熊本県南部などでは増水・氾濫した河川、これまでの雨で地盤が緩んだ地域ではわずかな雨量でも災害が発生する恐れがあるとしている。前線の停滞に伴い、7日にかけて警戒が必要だ。

 気象庁の杉本悟史主任予報官は、7日にかけて西日本の前線付近で、局地的に豪雨をもたらす線状降水帯が形成される恐れがあるとの見方を示した。予想雨量を超える可能性もあるとしている。

(2020年07月05日 15時24分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ