山陽新聞デジタル|さんデジ

中国船、過去最長の領海侵入 沖縄・尖閣周辺、30時間超

 尖閣諸島、日本、沖縄、中国、台湾
 尖閣諸島、日本、沖縄、中国、台湾
 第11管区海上保安本部(那覇)は3日、沖縄県・尖閣諸島周辺で2日に領海侵入した中国海警局の船2隻が3日午後10時半までに領海を退去したと発表した。11管によると領海侵入は30時間超で、2013年8月の28時間15分を超え、12年9月の尖閣国有化以降、過去最長となった。

 尖閣周辺での領海侵入は今年で14日目。

 菅義偉官房長官は3日の記者会見で「東京と北京双方の外交ルートで、局長、公使レベルで繰り返し厳重に抗議している」と述べた。中国外務省によると、同省の趙立堅副報道局長は、尖閣は中国固有の領土だとして、抗議は「絶対に受け入れない」と主張した。

(2020年07月04日 00時15分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ