山陽新聞デジタル|さんデジ

将棋の藤井七段、王位戦初勝利 ダブルでタイトルに挑戦

 将棋の第61期王位戦第1局で先勝し、記者会見する藤井聡太七段=2日午後、愛知県豊橋市
 将棋の第61期王位戦第1局で先勝し、記者会見する藤井聡太七段=2日午後、愛知県豊橋市
 藤井聡太七段
 藤井聡太七段
 将棋の藤井聡太七段(17)が木村一基王位(47)に挑む第61期王位戦7番勝負の第1局は1、2の両日、愛知県豊橋市で指され、95手で先手の藤井七段が先勝した。王位戦初勝利を挙げた高校生プロは、棋聖戦とのダブルタイトル挑戦で最年少獲得を目指す。

 藤井七段の地元、愛知県での開幕局。鋭い踏み込みから、巧妙な手順で攻めをつないで寄せ切った。幸先のいい白星を挙げ、「2日制の対局は初めてだったので、充実感があった。いいスタートが切れたので、第2局もしっかり指したい」と話した。

 第2局は13、14日に札幌市で。7番勝負で、4勝を挙げた棋士に「王位」の称号が与えられる。

(2020年07月02日 18時57分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ