山陽新聞デジタル|さんデジ

認知症不明者1万7千人超、最多 7年で1・8倍に、警察庁

 認知症行方不明者の推移
 認知症行方不明者の推移
 2019年中に認知症やその疑いで行方不明となり警察に届け出があったのは、前年より552人増の1万7479人だったことが2日、警察庁の集計で分かった。12年の統計開始から毎年、過去最多を更新し7年で1・82倍になった。昨年中に所在確認されなかったのは245人だった。

 高齢化社会の進行で認知症による行方不明者は増加が続き、全国の警察は民間企業や自治体との情報共有ネットワークを構築するなど早期発見に向けた連携を強化。行方不明になる恐れがある人に自治体が衛星利用測位システム(GPS)端末を貸与し、警察の捜索に位置情報を活用する協定を結ぶ地域もある。

(2020年07月02日 10時28分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ