山陽新聞デジタル|さんデジ

笑顔の写真でファジ応援しよう 岡山市がホーム3試合で募集

スタジアムに並べる段ボール人形のイメージ。顔には募集した市民の写真を張る
スタジアムに並べる段ボール人形のイメージ。顔には募集した市民の写真を張る
 岡山市は、今月開催されるサッカーJ2・ファジアーノ岡山のホームゲームで、市民から募った笑顔の写真を張った段ボール人形を並べて応援する。市内に拠点を置くトップスポーツチームが新型コロナウイルスに負けないよう支援するプロジェクトの第2弾。

 10、19、29日にシティライトスタジアム(北区いずみ町)で開催される3試合で計画する。いずれも無観客試合とはならないものの、感染防止のため入場者数に上限が設けられる見通し。スタジアム北側の大型スクリーン周辺に、顔写真を張ってチームのTシャツを着せた段ボール人形100体を並べる。直接声援を送れない市民の思いを選手に届ける。

 市スポーツ振興課は「市民の笑顔で選手たちを応援し、岡山を元気にするきっかけにしたい」と話す。

 顔写真の募集は市内在住者が対象で、3試合分で300人(先着順)。参加無料。ファジアーノ岡山の公式ホームページで受け付ける。問い合わせはチーム事務局(086―948―5654)。

(2020年07月01日 20時28分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ