山陽新聞デジタル|さんデジ

宿泊クーポン3日から発行 県民向けに1万人分 観光需要喚起

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県は30日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で落ち込んだ観光需要喚起のため、県内のホテルや旅館の宿泊料が1人当たり5千円割り引かれる県民向けの宿泊クーポンについて、3日から1万人分発行すると発表した。

 県の独自施策で、4日~来年2月28日の宿泊に対して料金が1人1万円以上の場合に利用できる。県内在住者で、クーポン利用に登録している約180施設に5人以下で宿泊することも条件となる。1人1回のみ。

 事業委託先のJTBの専用サイト、旅の予約センター(050―3116―0233)、県内の販売窓口(7店舗)のいずれかから申し込む。3日午前10時から受け付けを始め、1万人分に達し次第、終了となる。

 県によると、5月の主要観光施設30カ所の利用者数は前年同月比85・1%と激減。宿泊施設利用状況の抽出調査(42施設)でも、80・2%減と大きく落ち込んでいる。

 県観光課は「県内のさまざまなところを巡ってもらい、岡山の良さを再発見してほしい。それが観光振興につながる」としている。

 問い合わせは、JTB岡山支店内の事務局(086―232―5066)。

(2020年06月30日 21時04分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ