山陽新聞デジタル|さんデジ

コロナ対応の婚礼事業を強化 ホテルグランヴィア岡山

ホテルグランヴィア岡山
ホテルグランヴィア岡山
 ホテルグランヴィア岡山(岡山市北区駅元町)は、外出自粛、宴会控えなど新型コロナウイルス感染症に対応した婚礼事業を強化している。結婚式の事前打ち合わせをオンラインで行うサービスをスタート。写真撮影のみで挙式をしない「フォト婚」を想定した格安プランも販売している。

 打ち合わせは、事前に申し込みをしたカップルが対象。パソコンやスマートフォンの画面を介して式場や料理の画像、スケジュール表、見積書などを見せながら進める。新郎新婦が別々の場所にいてもウェブ上で効率良くプランナーと3人で打ち合わせができる。

 担当者は「相談のために何度も足を運んでもらうことによる感染リスクや労力を削減でき、コロナ以降もニーズが見込める」と期待。遠隔地のゲストが挙式の様子を視聴したり、披露宴であいさつをしたりできるオンラインシステムの導入も今後進める。

 フォト婚のプランは、新型コロナの影響で披露宴を取りやめて写真撮影だけにするカップルもいることから企画。8月末まで通常の前撮りより4割程度安い価格設定で、ドレス(10万円)や和装(16万円)でのスタジオ撮影を行う。

 同ホテルは「受注した婚礼の多くが延期になっている。新型コロナで縮小した需要を掘り起こしたい」としている。

(2020年06月30日 17時31分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ