山陽新聞デジタル|さんデジ

広島県夏季高校野球 対戦相手決定 88チーム出場

広島県夏季高校野球 対戦相手決定 88チーム出場
 新型コロナウイルスの影響で中止となった全国高校野球選手権広島大会の代替大会・県夏季高校野球大会(7月11日開幕)の抽選会が28日、広島市内で行われ、対戦カードが決まった。3校連合1チームを含む90校88チームが出場。広島ナンバーワンの座を目指し、力の限りを尽くす。

 備後勢は、昨秋県大会3位の盈進が2回戦から登場し、昨夏の覇者・広島商と英数学館の勝者と対戦する。昨秋準優勝の尾道商も2回戦が初戦で、センバツの「21世紀枠」県推薦校に選ばれていた油木と福山の勝者と顔を合わせる。昨夏準優勝の尾道は大竹と1回戦で激突。このほかセンバツに選ばれていた新庄は広島工大と当たる。

 大会はエブリイ福山市民(福山市)など7会場で毎週土、日曜に行い、決勝は8月8日。予備日は同9日だけで、同日までに全試合消化できなければ打ち切る。4回戦までは試合時間が2時間を超えたら次の回に入らず、同点の場合はタイブレークを行う。1週間500球の球数制限も導入する。

 抽選会は感染対策のため選手は参加せず、各地区の代表役員による代理抽選で行った。この日は3回戦までの組み合わせが決まり、4回戦以降は再度抽選する。

(2020年06月28日 20時40分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ