山陽新聞デジタル|さんデジ

リベッツ、エース格 丹羽を獲得へ リオ五輪で銀メダルに貢献

 卓球Tリーグ男子の岡山リベッツが、来年に延期された東京五輪代表で日本のエース格の丹羽孝希(こうき)(25)=スヴェンソン=を獲得することが21日、関係者の話で分かった。2016年リオデジャネイロ五輪の団体で日本男子初の銀メダルに貢献した実力者。近く入団が発表される見通しで、11月開幕の新シーズンに向け、大きな戦力補強となりそうだ。

 丹羽は北海道苫小牧市出身。卓越した技術に定評があるサウスポーで、速いピッチのカウンター攻撃を得意とする。世界ランキングは日本勢では4位の張本智和に次ぐ13位。五輪出場は青森山田高3年時の12年ロンドン大会から東京で3大会連続となる。明大4年時のリオ五輪はシングルスでも8強と健闘し、東京では団体に加え、個人でもメダル獲得が期待される。

 昨シーズンはいずれも東京五輪代表の張本、水谷隼とともに木下マイスター東京に所属し、リーグ制覇した。リベッツは、ビッグネームの獲得で最下位の4位に沈んだ昨季から巻き返しを図るとみられる。

(2020年06月22日 06時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ