山陽新聞デジタル|さんデジ

シーガルズと共同企画の日本酒 室町酒造 売り上げ一部を支援金に

室町酒造が岡山シーガルズと共同企画した日本酒
室町酒造が岡山シーガルズと共同企画した日本酒
 室町酒造(赤磐市西中)は、同市内に練習拠点を置くバレーボールV1女子・岡山シーガルズと共同で企画したオリジナル日本酒の販売を始めた。

 チームカラーの青色のボトルを採用。ラベルには、河本昭義監督が「ありがとう」と記したメッセージやシーガルズのロゴを入れた。父の日用に、ミドルブロッカーの長瀬そら選手が「お父さんありがとう」と書いたバージョンも用意した。

 酒は、岡山市東区瀬戸町産の酒米・雄町を使用した無ろ過純米大吟醸と純米吟醸の2種類。滑らかな口当たりで、雄町の豊かなうま味が楽しめる。

 いずれも720ミリリットルで、木箱入り。純米大吟醸が5500円、純米吟醸は3850円。室町酒造と同社のオンラインショップで販売し、売り上げの一部を支援金としてチームに寄付する。

 花房満社長は「お酒を飲んでシーガルズを応援するとともに、雄町を使った酒の魅力も感じてもらいたい」と話している。

(2020年06月19日 16時38分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ