山陽新聞デジタル|さんデジ

疫病退散 アマビエグッズいかが 20日に岡山でマルシェ

20日に開くマルシェのちらし
20日に開くマルシェのちらし
 疫病退散の御利益があるとされる妖怪アマビエをモチーフにしたグッズやテークアウト商品を販売するマルシェが20日、岡山市東区君津の空き家と民家の空きスペースを会場に開かれる。

 アマビエグッズは、ラベルに絵をデザインした日本酒(板野酒造場)、パッケージにあしらったどら焼き(小池菓子舗)、御朱印帳(備前国総社宮)など。飲食ブースには、野菜のケール入りスイーツ、スパイスの効いたカレー、牛すじ煮込みのだしを使った焼きそばなどが並ぶ。

 デザインやイベント企画を手掛ける「アトリエ ソラ デザイン」(同市東区政津)が主催する。新型コロナウイルスによる相次ぐイベント中止を受け「散歩がてらに楽しんでもらおう」と、5月から「てくてくTAKE OUT マルシェ」の名称で開いており、今回が3回目。午後3時~7時。問い合わせは同デザイン(ateliersoradesign@gmail.com)

(2020年06月18日 18時57分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ