山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県 19日から外出は原則自由 観光は中国5県や四国など推奨

外出の原則自由など新たな対応を決めた県の対策本部会議
外出の原則自由など新たな対応を決めた県の対策本部会議
岡山県 19日から外出は原則自由 観光は中国5県や四国など推奨
 岡山県は17日、新型コロナウイルスの対策本部会議を県庁で開き、19日~7月9日の新たな対応を決めた。外出は原則自由とし、飲食や買い物など普段通りの活動を促す。慎重な行動を求めていた東京圏などへの移動も仕事や帰省については制限を設けないこととした。観光は中国5県や四国など近隣から始めることを推奨する。

 18日までは緊急事態宣言の解除が遅かった北海道と東京、埼玉、千葉、神奈川4都県への不要不急の帰省や旅行を控えるよう要請しているが、感染拡大防止と社会経済活動の両立に向けて一層制限を緩める。一方で、感染が続く地域では現地の状況を確認した上で行動を求めている。

 他地域でクラスター(感染者集団)が発生したような施設では、業種ごとに策定されたガイドラインを守っていることを確認し、慎重に判断して利用してほしいとしている。

 イベントなどの自粛は、おおむね屋外で200人以上、屋内で100人以上としていた要件を大幅に緩和。屋外、屋内ともに全国規模やおおむね千人以上とし、屋内は収容定員の半分以内とするようお願いする。

 緊急時を除いて禁止だった高齢者福祉施設での面会は、仕切りの設置などを条件に可能とする。医療や福祉関係者が集まる会合などは、原則自粛から、感染防止策を徹底した上での開催に変更する。

 終了後、伊原木隆太知事は「(感染防止を徹底する)新しい生活様式に気を付けた上でほとんどのことが自由になる。経済を回す意味でも普段の生活を取り戻してもらいたい」と述べた。併せて感染第2波への備えも進めていく考えも示した。

 新型コロナを巡る対応は、国の方針に沿っておおむね3週間ごとに見直している。

(2020年06月17日 21時27分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ