山陽新聞デジタル|さんデジ

オンラインで高齢者に体操指導 備前のデイサービス施設

モニター越しに指導を受けて体操に取り組む参加者
モニター越しに指導を受けて体操に取り組む参加者
 外部講師が健康増進につながる体操をオンラインで指導する教室が、デイサービスセンターしらうめ荘(備前市吉永町岩崎)で開かれている。週1回程度行う予定。

 施設は備前市社会福祉協議会が運営。ボランティアの演劇グループなどを月1回程度招き、利用者に楽しんでもらっているが、新型コロナウイルスの影響で2月からは受け入れを制限しており、その代替として企画した。

 教室では無料通信アプリ「LINE(ライン)」を活用。5月下旬から週1回開いており、2回目となった4日は70~90代の11人が参加した。

 午後1時半になると、会場に据えられた大型スクリーンに、インストラクターの村尾真智子さん(42)=島根県=が登場。参加者はモニター越しに指導を受け、手を握ったり開いたりして血行改善を促す体操や、口を大きく動かして唾液の分泌を増やす運動などに取り組んだ。

 参加者の一人(95)=同市吉永町=は「画面越しは初めての体験だが、楽しくできた。家でもやってみたい」と笑顔を見せた。

 しらうめ荘管理者の飛田和義さん(42)は「皆さん興味津々で、良い刺激になっているようだ。今後も感染防止策を講じた上で続けていきたい」と話していた。

(2020年06月18日 14時05分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ