山陽新聞デジタル|さんデジ

旭川本支流でアユさお釣り漁解禁 真庭などでファン満喫

アユ釣りを楽しむファンたち=真庭市久世
アユ釣りを楽しむファンたち=真庭市久世
釣り上げられたアユ
釣り上げられたアユ
 真庭市や岡山県新庄村を流れる旭川の本支流で14日、アユのさお釣り漁が解禁され、待ちわびた釣りファンたちが早速さおを入れていた。

 同市久世の中川橋周辺には朝からファンが詰めかけた。前日の大雨の影響で川が増水していたため、川岸から巧みにさおを操り、針に何も付けない「素掛け」で挑戦。ぴちぴちと生きのいいアユを次々に釣り上げていた。

 美咲町の会社員男性(57)は「待ちに待った解禁日。家で天ぷらにして新鮮な味を楽しみたい」と話していた。

 旭川中央漁協(同市勝山)によると、アユ釣りは10月ごろまで楽しめるという。遊漁券は年券1万2100円、日券3300円。問い合わせは同漁協(0867ー44ー5070)。

(2020年06月14日 17時41分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ