山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山市 対コロナ40.6億円増額 スマホ決済20%還元事業費など

新型コロナウイルスの経済対策などを盛り込んだ6月補正予算案について説明する大森市長
新型コロナウイルスの経済対策などを盛り込んだ6月補正予算案について説明する大森市長
 岡山市は11日、新型コロナウイルス対策で40億6千万円増額する2020年度一般会計補正予算案を発表した。消費喚起のため、市内の飲食・小売店などでスマートフォン決済サービスを利用した場合に料金の20%を還元する独自のキャンペーン費用として8億円を計上。開会中の6月定例市議会に追加提案する。

 キャンペーンは8月1~31日に予定。還元ポイントは1回千円分を上限とし、1人当たり5千円分まで。連携するサービス業者の選定を進めている。市は、商品券などと比べて簡略で早期にスタートできるとしており、約40億円の消費効果を見込む。浜松市などが取り入れるが、西日本では初めてという。

 中小企業の販売促進広告などに最大20万円を助成する事業に5億円、ホテルや旅館への宿泊や飲食料金の割引クーポンを発行する観光支援に1億円を充当。バス、タクシーなど公共交通事業者の運行支援には4億2千万円を振り向けた。

 コロナ対策の補正は本年度2回目、計817億9800万円となった。記者会見で大森雅夫市長は「この時期の補正予算としては異例の規模だが、このままでは市民生活や事業活動を継続できないとの思いから組んだ」と述べた。

(2020年06月11日 12時55分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ