山陽新聞デジタル|さんデジ

県内公共交通 減収121億円以上 呉高専・神田教授らグループ試算

 新型コロナウイルスの感染拡大が岡山県内の公共交通に与える減収額は最低でも121億円に上るとの試算を、呉高専(呉市)の神田佑亮教授(交通リスク工学)らの研究グループがまとめた。公共交通は間引き運行や移...

(2020年06月08日 23時02分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ