山陽新聞デジタル|さんデジ

「夜の街」従業員に定期検査 小池氏と西村氏、方針確認

 6日、「東京アラート」発令から初の週末を迎えた新宿・歌舞伎町
 6日、「東京アラート」発令から初の週末を迎えた新宿・歌舞伎町
 東京都の小池百合子知事と政府の新型コロナウイルス対策を担当する西村康稔経済再生担当相は7日、新たな感染源として懸念されるホストクラブなどの「夜の街」対策を専門家らも交えて内閣府で協議し、店の従業員が定期的にPCR検査を受けられる態勢づくりや相談窓口の設置などで連携する方針を確認した。

 会談後、小池氏は報道陣の取材に、定期的な検査や相談窓口の設置を通じて従業員側から積極的に検査を受ける態勢づくりの重要性を強調。「うつらない、うつさないという流れを夜の街でも確保したい」と述べた。

 西村氏は、休業要請が全面解除となる時期の見通しを6月19日ごろと説明した。

(2020年06月07日 19時24分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ