山陽新聞デジタル|さんデジ

仏ベルサイユ宮殿が再開 スペインでプラド美術館も

 パリ近郊のベルサイユ宮殿で、マスクを着けて写真を撮る人=6日(ゲッティ=共同)
 パリ近郊のベルサイユ宮殿で、マスクを着けて写真を撮る人=6日(ゲッティ=共同)
 【パリ共同】新型コロナウイルス対策の制限が段階的に緩和される中、フランスではパリ近郊のベルサイユ宮殿、スペインでは首都マドリードのプラド美術館などが6日、約3カ月ぶりに再開した。いずれも入場者数の制限やマスク着用の義務化など感染防止対策を導入した。

 フランスのメディアによると、ベルサイユ宮殿は入場者を1時間当たり500人、1日4500人に限定。昨年6月には1日約2万7千人が訪れたといい、6分の1の人数となる。

 一方、スペイン通信によると、プラド美術館は入場の際に体温測定があり、37・5度を超える場合は入れない。

(2020年06月07日 06時50分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ