山陽新聞デジタル|さんデジ

ドライブスルーでお店の味を堪能 予約販売 岡山で飲食店支援の催し

予約した弁当を受け取るドライバーら
予約した弁当を受け取るドライバーら
 新型コロナウイルス感染症の影響で売り上げが落ち込んでいる県内の飲食店を支援しようと、予約した弁当や料理をドライブスルー形式で販売する催し「料理人のソコヂカラ 岡山応援ドライブ〓するー?」が6日、岡山市内で開かれ、市民らがお気に入りのグルメを買い求めた。(〓はハートマーク)

 岡山商工会議所、岡山青年会議所、山陽新聞社でつくる実行委員会が主催。料理店や居酒屋、カフェなど40店が瀬戸内産の魚介や県内産の野菜、フルーツを使った弁当、オードブル、スイーツなどを用意し、事前に注文を受け付けた。

 感染防止のため、会場では客は車に乗ったまま料金を精算。商品が並ぶテント前で、スタッフが窓越しに弁当などを渡した。

 「家でお店の味を堪能できるのがうれしい」と同市中区のパート(42)。オードブルを提供した飲食店店主の松畑光彦さん(47)は「コロナ禍で店は営業を再開できないままなので、こうした応援はありがたい」と話していた。

 催しは7日もあり、2日間で計約5600食を予約客に販売する。

(2020年06月06日 20時04分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ