山陽新聞デジタル|さんデジ

災害弱者受け入れ 共同住宅が完成 真備、2階へ避難スペース

完成したスロープ付きの「避難機能付き共同住宅」
完成したスロープ付きの「避難機能付き共同住宅」
 西日本豪雨を教訓に、高齢者ら災害弱者が逃げ込める「避難機能付き共同住宅」が倉敷市真備町箭田に完成し、開所式が6日行われた。車いすで2階に上れるスロープや、緊急避難場所にも使える交流スペースを設けた。

 豪雨で被災した2階建てアパートを改修。災害時に逃げ込みやすいよう、スロープ(長さ約30メートル)を2階の交流スペースの最寄りに設置した。居住部分(7室)に入居予定の被災者世帯は、災害時には外部の避難者を一時的に受け入れる。交流スペースは近隣住民も利用できるサロンとして活用する。

 豪雨時、多くの高齢者や障害者が逃げ遅れて亡くなったことから、同町地区で介護施設を運営する津田由起子さん(55)らの住民グループが企画。山陽新聞社や中国銀行などが連携した地域密着型クラウドファンディングサービス「晴れ!フレ!岡山」などで資金を調達した。共同住宅の立地場所は豪雨の際も2階は無事で、近くのため池が決壊する想定でも浸水は1階部分にとどまるという。

 新型コロナウイルス感染を考慮し、ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を使った式典で津田さんは「弱者に優しく、支え合う場にしたい」とあいさつ。認知症の妻(71)と入居する中本昭彦さん(72)は「豪雨では寝たきりの妻を抱え避難をためらったが、今度は安心して生活できる」と笑顔だった。

(2020年06月06日 19時48分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ