山陽新聞デジタル|さんデジ

エムアイ・カンパニー 破産手続き コロナ倒産、岡山県内5例目

 機械部品加工などのエムアイ・カンパニー(岡山県勝央町勝間田、資本金300万円、岩本高明社長)は5日までに、岡山地裁津山支部に自己破産を申請し、手続きの開始決定を受けた。民間信用調査会社・東京商工リサーチ岡山支店によると、新型コロナウイルス感染症に伴う岡山県内5例目の倒産で、負債総額は約5千万円。

 同支店の調べでは、エムアイ・カンパニーは2008年設立。医療機器、電力機器などの部品の加工や検査を製造業者から請け負い、19年5月期には約9千万円を売り上げたが、資金繰りは厳しい状況だった。新型コロナの影響で取引先や自社が中国から調達する部品が不足したことで仕事が減少し、事業継続を断念したという。

(2020年06月05日 21時20分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ