山陽新聞デジタル|さんデジ

井笠地域に光の点描 ホタルが舞い始める

浅口市金光町上竹の竹川周辺で乱舞するホタル=2日午後8時40分ごろ(8秒露光の100枚を合成)
浅口市金光町上竹の竹川周辺で乱舞するホタル=2日午後8時40分ごろ(8秒露光の100枚を合成)
井原市西江原町、雄神川の川面をゆっくりと舞うホタル=4日午後9時15分ごろ(4秒露光の60枚を合成)
井原市西江原町、雄神川の川面をゆっくりと舞うホタル=4日午後9時15分ごろ(4秒露光の60枚を合成)
星田川を舞うホタル=2日午後8時15分、矢掛町宇内(ISO640、f8、30秒露光)
星田川を舞うホタル=2日午後8時15分、矢掛町宇内(ISO640、f8、30秒露光)
 井笠地域でホタルが舞い始めた。街中から一歩足を踏み入れた水辺では、光の点描が幻想的な雰囲気を醸し出す。主なスポットを紹介する。

 ■浅口市金光町上竹、竹川周辺

 ゲンジボタルの生息地として浅口市天然記念物に指定されており、同市金光総合支所から北東へ約2キロ。保護活動に取り組む住民グループ「上竹ホタルを守る会」によると5月下旬に飛び始めた。今週末ごろにピークを迎え、15日あたりまで楽しめる見込み。

 ■井原市西江原町、雄神川周辺

 井原線井原駅から北東に約4キロ付近で、今月に入って飛び始めた。地元の「雄神川流域の自然と環境を守る会」によると、午後7時半ごろから観察できる。見頃は10日ごろまで。

 ■岡山県矢掛町宇内、宇内ホタル公園周辺の星田川

 井原線矢掛駅から北西へ約4キロ。ホタルの保護や養殖に取り組む地元の「宇内ホタルを守り育てる会」によると、5月中旬ごろから飛び交っており、今月中旬ごろまで楽しめるという。

(2020年06月05日 17時52分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ