山陽新聞デジタル|さんデジ

米ジョージアの事件も人種差別か 2月の黒人射殺で白人容疑者

 【ニューヨーク共同】米南部ジョージア州で2月、ジョギング中の黒人男性アーベリーさん(25)が射殺された事件で、米メディアは4日、逮捕された白人の容疑者3人のうち1人が犯行時に人種差別的な言葉を発していたと報じた。黒人への差別意識に基づく犯行が明確になり、さらなる反発を招きそうだ。

 この事件は、5月の中西部ミネソタ州での白人警官による黒人暴行死事件の前に起きたが、2カ月以上も立件されていなかった。

 事件は2月23日に発生。3容疑者はアーベリーさんをトラックで追い掛け回し、ひいた後に射殺した疑いが持たれている。5月上旬に犯行の場面の動画がネット上で拡散した。

(2020年06月05日 07時08分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ