山陽新聞デジタル|さんデジ

頑張れ、介護現場の先輩たち 新見公立大・藤田さんが応援動画

制作した動画をPRする藤田さん
制作した動画をPRする藤田さん
 頑張って、介護現場の先輩たち―。新見公立大(新見市西方)地域福祉学科1年の藤田美咲さん(18)が、新型コロナウイルスの影響下で介護職として奮闘する卒業生の応援動画を制作した。重症化リスクの高い高齢者が多い施設で自身の感染の不安にも向き合うOG・OBに敬意とエールを込めており、大学のホームページで公開している。

 約2分半の動画では、藤田さんら学生が寄せた「利用者の笑顔・命を守り、ありがとうございます」「自分の体を気遣って」などのメッセージを紹介。食事や入浴を提供する施設でクラスター(感染者集団)が発生したこともあり、「(距離を取るよう推奨される中)利用者のすぐ側(そば)で働くのが大変なことを改めて思い知った」との感想もある。

 同学科の松本百合美学科長が、全国で活躍する卒業生を応援しようと呼び掛けたのがきっかけ。BGMには、東京で介護福祉士として働きながらバンド活動に打ち込む教え子の上田和明さん(22)が作詞作曲したオリジナル曲「Don’t worry」を使っている。ポップな曲調に「一緒に耐えてでかい壁になろう」「みんなのためにステイホーム」などの詞を乗せて歌い上げている。

 動画には卒業生の“返事”もあり、先輩後輩の垣根を越えた心温まるやりとりから、人とのつながりを大切にしてきた学風がうかがえる。自身のスマートフォンで動画を編集した藤田さんは「先輩たちはコロナで大変だと思うが、体を大切にしながらより良いケアができるよう頑張ってほしい」と話している。

(2020年06月05日 14時34分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ