山陽新聞デジタル|さんデジ

米国防長官「軍投入は最終手段」 大統領と距離、関係悪化も

 エスパー米国防長官(左)、トランプ米大統領
 エスパー米国防長官(左)、トランプ米大統領
 【ワシントン共同】エスパー米国防長官は3日、国防総省で急きょ記者会見し、黒人男性暴行死事件を巡り全米で激化する抗議デモに、現時点で「反乱法」を適用して軍が対応することは支持しないと表明した。「治安維持のための軍投入は最終手段であるべきだ」と強調した。軍投入も辞さないとするトランプ大統領と距離を置いた形で、両者の関係悪化も取り沙汰されている。

 CNNテレビは関係者の話として、トランプ氏やオブライエン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が、エスパー氏に不満を持っていると伝えた。トランプ氏は3日、今後の状況次第では軍投入が必要になる可能性に言及した。

(2020年06月04日 13時36分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ