山陽新聞デジタル|さんデジ

警部補が無車検、無保険で通勤 容疑で県警が書類送検へ

岡山西署
岡山西署
 岡山県警の男性警部補=50代=が無車検、無保険の自家用車で通勤していたことが3日、分かった。上司への提出書類を改ざんし、隠蔽(いんぺい)を図ろうとしていたことも判明。県警は近く道路運送車両法違反(無車検)などの疑いで警部補を書類送検する。

 関係者によると、警部補は岡山西署地域課の所属で、自家用車の車検と自賠責保険の期限が切れていると知りながら、通勤などに繰り返し使っていた疑いが持たれている。

 警部補は今春の人事異動に伴う課内の調査で、車検証のコピーを提出した際、数字を書き換えたり、印刷を薄くしたりして発覚を免れようとしていた。上司が改ざんに気付いた。警部補は事実関係を認めているという。

 県警は警部補を懲戒処分する方針。監察課は「捜査中のためコメントできない」としている。

(2020年06月04日 07時32分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ