山陽新聞デジタル|さんデジ

CF活用して桃を全国販売 芳桃香(岡山)、販路開拓に

桃の実に袋を掛ける今井さん。全国販売にCFサービスを活用する
桃の実に袋を掛ける今井さん。全国販売にCFサービスを活用する
 新型コロナウイルスの影響による果物需要の低迷を受け、桃の生産販売を手掛ける農業法人・芳桃香(岡山市北区芳賀)は、クラウドファンディング(CF)サービス「晴れ!フレ!岡山」を活用した全国販売を始めた。

 商品として清水白桃などの箱詰めのほか、桃をアレンジして食べられるように麺類やジェラートと組み合わせたセットの計11品を用意。1点7500円から販売し、30日までに30万円を目指す。

 岡山県産桃は贈答向けなどの需要が大きい。新型コロナの影響で旬を迎える夏の販売低迷が懸念されるため、JA出荷や直売に加えてCFを新たな販路開拓につなげるとともに、全国にPRできればと企画した。同法人の今井将智さんは「一人でも多くの人に桃を買ってもらえるよう、できる限りのことをやりたい」と話している。

 CFサービスは山陽新聞社や中国銀行などが連携。詳細や支援は専用サイト(https://readyfor.jp/projects/hotoka)。

(2020年06月03日 20時49分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ