山陽新聞デジタル|さんデジ

VRで災害を疑似体験 6月7日付

VRで災害を疑似体験 6月7日付
 子どもしんぶん「さん太タイムズ」は毎週日曜日発行。次回6月7日付の1、2面は、災害を疑似体験する防災用VR(バーチャルリアリティー、仮想現実)の特集です。

 岡山市の企業が子ども向けに、火災や地震、土砂災害を疑似体験できる防災用VRソフトの開発を進めています。仮想空間という安全な状況で、緊張感を持った避難訓練などができるようになる可能性があります。

 「マネーの博物館」は賃金の決まりについてです。「まなビバ」では、岡山市立高島小学校の活動を子どもたちが伝えます。

(2020年06月05日 17時30分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ