山陽新聞デジタル|さんデジ

京アニ放火殺人 動機や背景の全容解明を

 凄惨(せいさん)な事件の全容解明につなげなければならない。アニメ制作会社「京都アニメーション」(京都市)で36人が犠牲になった昨年7月の放火殺人事件の捜査が、新たな段階に入った。

 京都府警が先月末、殺人などの疑いで、京都市内で入院していた青葉真司容疑者を逮捕し、送検した。青葉容疑者が負った重いやけどの治療に加え、新型コロナウイルスの影響で、事件発生から10カ月を経ての逮捕である。医療設備が整った大阪拘置所(大阪市)に収容され、取り調べが行われている。

 平成以降、最悪の犠牲者数となった殺人事件は社会に大きな衝撃を与えた。遺族や負傷者が受けた心の傷も深い。なぜ事件が起きたのか。具体的な犯行動機だけでなく、社会的な背景を含め、事件の真相解明が求められる。

 京アニは、若者らのリアルな日常描写や、高い品質の作画技術などが国内外で評価されてきた。「響け!ユーフォニアム」など「学園もの」の人気作品もあり、小説などを公募して大賞に選ばれればアニメ化もしてきた。

 事件に際しては、青葉容疑者は下見を繰り返し、ガソリンのほか、複数の刃物などを用意していた。周到な準備ぶりから計画的な犯行とみられている。

 今後の大きな焦点は、具体的な動機を解明できるかどうかである。

 府警によると、青葉容疑者は身柄確保当時、「小説を盗まれた」と話していた。実際、過去に京アニの人気作品と同じジャンルの小説を同社に応募していたことが判明している。一方、京アニ側は青葉容疑者の応募作品について、形式面に不備があったため1次審査で落選しており「自社作品との間に類似性はない」としている。

 青葉容疑者は2012年には茨城県内でコンビニ強盗事件を起こし、懲役3年6月の実刑判決を受けた。この裁判では「仕事で理不尽な扱いを受け、社会で暮らしていくことに嫌気が差した」と動機を説明していた。騒音を巡って近隣住民とたびたびトラブルになり、放火事件の直前には隣室の男性に詰め寄る騒ぎも起こした。

 職を転々とし、経済的にも困窮していたとされる。社会の中で、頼りもなく孤立していった面はなかったのか。悲惨な事件を二度と招かないようにするためにも、捜査当局は犯行に至った経緯や背景を丹念に探ってほしい。

 青葉容疑者は全身の約9割にやけどを負い、一時は命も危ぶまれたものの、高度治療を受けて一命を取り留めた。ただ、現在もほぼ寝たきりの状態だ。

 遺族らの間では、多くの命を奪った凶行に「なぜそこまでしなければならなかったのか」と理由を知りたいとの思いが強い。青葉容疑者は、事件に真摯(しんし)に向き合い、誠実に真実を語ってもらいたい。

(2020年06月03日 08時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ